kyuyo.jpg

給与計算から社長の3つの不安を解消!

①給与担当者の急な退職にも安心

「給与担当者が急に退職することになったが、引き継ぐ社員がいない。どうしよう・・」

自社で給与計算を行っている場合は、給与計算担当者が退職する度に引き継ぎをしなければなりません。

給与計算は労働基準法や社会保険などの知識も必要なため、引き継ぎには時間がかかります。

また、新しい給与計算担当者がいない場合は新たな採用が必要ですが、すぐに見つかるとは限りません。

 

当グループに給与計算を委託することにより、給与担当者の急な退職といった不安から解放されます。

 

 

②ミスの無い給与計算で安心   

「先月の給与計算では少し間違えて、そのまま振り込んでしまった。

                                                                   次回も間違えたらどうしよう・・」       

 

給与計算には残業代の計算や社会保険料の変更、

源泉所得税や住民税など気をつけなければならない点が数多くあります。

また、給与計算に1円でもミスがありますと、社員は不安になります。

当グループでは、労働保険・社会保険に精通した社会保険労務士が給与計算業務に携わり、

税理士が税務問題を担当しています。

 

当グループに給与計算を委託することにより、給与計算ミス・税法ミスといった不安から解放されます。

 

 

 

③労働基準監督署の調査にも安心   

「労働基準監督署の調査があり、未払い残業代の支払いを命じられた。                                         その他にも労務管理上の不備も指摘され、今後の給料計算はどうしよう・・」

 

労働基準監督署の調査では、未払い残業代や過重労働の有無なども重点的にチェックされます。

当グループでは、社会保険労務士や弁護士による人事労務顧問サービスも提供しており、

そちらも合わせて委託されるお客様には、給料計算の際、

未払い残業代や過重労働の有無などの労働法に関するチェックも行っております。

 

その結果、万全な人事労務管理体制となるため、労働基準監督署の調査の不安から解放されます。    

kyuyo-1.jpg
kyuyo-2.jpg
kyuyo-3.jpg